事業内容
当社は、輸入品のモネルメタルやステンレス鋼の取扱いに端を発し、戦後は副原料のレアメタル取扱いに主力を置いて事業活動を行なってきました。1956年に現在の富陽金属株式会社へと改組して以来は、 自社製のフェロニッケル(50%低インピュアリティ)を加工・販売し、1970年以降は、 専門知識や経験を活かして積極的に金属の再資源化に取り組み続けています。

現在は、主に希少金属を主とした非鉄原材料の売買をはじめとして、複雑な原料を配合したフェロニッケルの加工等、あらゆるニーズにお応えしています。また長年の経験とノウハウを活かして、一般化学機器や炉の設計・製作も数多く手がけており、多くのお客様からご好評頂いています。


非鉄原材料の加工・売買 一般化学機器及び炉等の設計・製作



page top